BAYBROOK MENS

熊本発セレクトショップBAYBROOK本店メンズのスタッフブログです。

最後のギヨシェ彫刻職人

こんばんは(^。^)


連日の猛暑!!


嫌になっちゃいますね( ̄ー ̄)



店内は、すっかり秋模様になってきています(^。^)


僕は、秋の買い物で



もーイッパイイッパイです( ̄▽ ̄)


新しい入荷が、喜ばしい反面


僕にとっては、恐ろしくもあります( ̄ー ̄)




本日紹介するのは、



洋服ではありません。



小物です。



オシャレして、こんなアイテム持っていたら、



格が上がります!!






最後のギヨシェ彫刻アーティスト、
リッカルド・レンツェッティが創りだす
ハンドメイド ペンコレクション。
1800年代末、当代のオーナー、リッカルドの父であり優秀な金細工してあったマリオ・レンツェッティは、パリの著名な宝飾店ファベルジュにて修行研鑽、当時貴金属への細工法として非常にプレスティージュの高い技術とされていたギヨシェ彫刻を習得しました。
息子のリッカルドは父のギヨシェ彫刻への情熱、技術を忠実に受け継ぐ傍ら、持ち前の好奇心と、メカニズムへの強い関心を生かし、自動車組み立て工場、スイスのローレックス、ロンジンの工房などで修行遍歴、 自らの出自と経験を結晶させる形で、ハンドメイドのペンに緻密なギヨシェ彫刻を施したオリジナルのコレクション、RENZETTI 1909を生み出しました。


ビックメゾンが認めた、レンツェッティの「ギヨシェ彫り」
ギヨシェ彫刻とはヨーロッパで1800年代に時計の装飾のために生み出されたとされる彫刻技術で、金、銀、プラチナ、銅、ロジウムなどの貴金属の表面に、高速で回る合金製の特殊なたがね用いて、繊細な彫線でダイヤ紋様や、波状の模様を描いてゆきます。 リッカルド・レンツェッティは、イギリス、バーミンガム在住の94歳の技術師と並んで、ギヨシェ彫刻の技術を受け継ぐ世界にのこる最後のアーティストとして知られており、 ローレックス、シャネル、ブルガリ、ディオール、エルメスなどの装飾品細工の下請けを広く手掛けていますが、「これが僕の本当の情熱だから。」と語るのがRENZETTI 1909のペンコレクション。


少々長くなりましたが、


エルメス、ブルガリ、ディオール


名だたるブランドをも手がけています。







¥ 6825









¥ 8925








¥ 8400







ビジネスに、ジャケットに


一つあるだけで


格が上がりますよ!!


3タイプありますので、


ぜひ!!!!








まだまだ






今週の日曜日、26日までフェアー行っております!!



どれにしようかな!????



坂口でした。

『通販のご希望・商品についてのお問い合わせは下記までお願い致します』

BAYBROOK KUMAMOTO(ベイブルック 熊本)
tel:096-322-8553
baybrook2f@gmail.com
 

BAYBROOK MENS

Author:BAYBROOK MENS

-CATEGORY-
-LATEST STORY-
-LATEST COMMENT-
-MONTHLY ARCHIVE-
-CALENDAR-

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
-LINK-
ページの先頭へ